BLOG

ブログ

江守沙矢、主演映画「そっと、触れて(仮)」についてお知らせです。
現在クラウドファウンディング開催中です。
皆様のご支援の程宜しくお願い致します。

プロジェクトの詳細はこちら https://motion-gallery.net/projects/Whisper-film

【このプロジェクトについて】
ハンブルク日本映画祭2020に作品が招待されるなど、海外の映画祭での上映が続く大石結介監督が送り出す、最新短編映画『そっと、触れて(仮)』の制作・映画祭出品費用支援プロジェクトです。

【このプロジェクトへの想いと表現したいこと】
私が映画を作る時、いつも「人が一歩踏み出す姿を描きたい」と思っています。

少し話が飛びますが、世界で作られているインディペンデントの映画を観る中で、「戦争」について語られる作品を多く目にしました。
日本に住んでいると、意識する事はあまり無いかもしれませんが、今現在も戦争をしている国があります。いつミサイルが頭の上に振ってくるか分からない夜を過ごしている人々がいます。そんな国で撮られた戦争に関する映画に対し、今の日本で私が同じテーマに取り組んでも説得力が到底及ばないと痛感させられました。
私は、人間が最初に所属する最小単位は「家族」だと思っています。そこから成長するにあたって、小学校、中学校、部活、アルバイト、会社といったように、所属する単位が多く、大きくなっていくと思います。
綺麗事のように聞こえるかもしれませんが、私はその最小単位の「家族」が幸せであれば、その先も幸せになっていくのではないか、また、幸せになって欲しいと思って、家族の話を描いています。

今作ではその「家族」についての話に、日本の「人の気持ちを察する」文化と、「人が一歩を踏み出す姿」というものを加え、世界の人にも共感していただけるような作品を作りたいと思っています。

撮影は、コロナ対策を行った上で、一部の撮影を行いました。

残りの撮影と、撮影後のアフレコ、またポスプロの費用まで含めると自己資金のみでは手が回らず、今回、より良い作品とすべく、皆さまのお力添えをいただきたくクラウドファンディングをする事を決めました。

何卒よろしくお願い致します!