BLOG

ブログ

江守沙矢・堀拓海 舞台出演のご案内を致しましたが、コロナ感染拡大の影響により公演が延期となりました。
ご来場を楽しみにしてくださっていた皆様には申し訳ございませんが、何卒ご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。
公演延期のお知らせに関しまして、下記の通りとなります。

SFIDA ENTERTAINMENT vol.9 舞台「死刑島」を、ご予約またはご検討中の皆様へお詫びとご報告

・はじめに
この度は舞台「死刑島」におかれまして、応援並びに、沢山のご予約をいただき誠にありがとうございます。
公演まで1ヶ月を切り、このような状況下ではありますが沢山の方からご予約をいただいておりました。
そんな中、皆様がご観劇を楽しみにしていただいている所に、
大変恐縮ではありますが、皆様にお詫びとご報告をさせていただきます。
最後までご確認をいただけますと幸いです。

・ご報告
2022年2月15日から2月20日予定の舞台「死刑島」の公演を、
誠に勝手ながら延期の運びとなりました事をご報告いたします。

・お詫び
急なご案内となり、皆さまに対して多大なるご迷惑と混乱をおかけしてしまいます事をここに
心より深くお詫び申し上げます。大変申し訳ございません。
皆さまに延期の経緯と、今後の流れをまとめた情報をご案内させていただきますので
大変恐れ入りますがご確認いただき今後のご案内まで今しばらくお待ちいただけますと幸いです。
ご迷惑をお掛けして大変申し訳ございませんがご理解とご協力の程をよろしくお願い申し上げます。

1.舞台延期の経緯
2022年1月に、オミクロン株の流行が始まり2月の公演への支障を懸念しつつ、現場を進めておりました。
しかし、2022年1月14日、15日に感染者数が爆発的に増えて4,000人を越えました。
それと同時に専門家による試算で1月末には約9,000人になるとも言われており、そこから計算していくとあくまでも、可能性、予測の話にはなりますが、2月の公演予定日である2月15日から2月20日の期間では感染者数が今よりも更に増加している可能性、緊急事態宣言の発令の可能性が、高くなってきていると予測しており
そうなる事で、ご観劇いただくお客様への、感染への不安や上記の理由による観劇の断念
そして最悪の状況としてはご観劇予定のお客様が感染または濃厚接触者となり入金済みにも関わらず観劇を
断念せざる終えない状況が出てしまう事など
さまざまな最悪な状況の可能性が極めて高くなったという事になると捉えております。
コロナによる問題解決は恐らくかなり長期的なものになってくるのでは無いかと考えております。
いつ公演する事が最良なのか?というと恐らく当面は確実なものは無いかと考えておりますが、
主催として今回の2月の公演に関しては、状況が一変した事で前もって予測出来る段階で
お客様が安心、安全に作品をお楽しみいただくにあたり、不安要素や感染、コロナによる延期や中止の可能性が極めて高くなる可能性が高いと判断し、であれば早期判断でお客様には大変申し訳ありませんが
スケジュールが比較的見えやすい期間で、現時点で予定している公演時期より、少しでも感染等の可能性が低く、感染者数も減少している可能性が高い時期への延期をさせていただきたく判断をさせていただきました。
主催として、そして今回のキャスト、スタッフ一同はお客様に少しでも安心、安全に、
1人でも多くのお客様に、今作品をお届けしたい!という気持ちでおります。
どうか今回の延期の判断にご理解と、延期公演への振替予約を、前向きにご検討をいただけますと幸いです。
2.今後の流れの予定  ※日時に関して、変更の恐れがある事予めご了承ください。
①2022年2月までに、延期公演のスケジュールを確定させていただきます。
決まり次第で、お客様には公演スケジュールをご案内いたします。
②2月1日よりまずは既にご予約済み(入金済み)の、お客様から優先的に延期公演への振替チケット希望の
確認をさせていただきます。
③延期公演への振替をご希望されない方に返金対応を行わせていただきます。
④延期公演への振替チケットへの対応、返金対応の方が終わり次第で延期公演の、一般チケット発売開始。
上記の流れで、今後のご案内を予定しております。
尚、延期公演への振替フォームや返金対応へのチケットフォームはご用意でき次第皆さまにご案内いたしますので今しばらくお待ちいただけますと幸いです。

3.延期公演時期に関して
現時点では4月中旬から4月末のどちらかの週での延期公演を予定しております。
確定次第でご案内をさせていただきます。

4.おわりに
改めまして、この度は急な公演延期に伴いお客様に混乱と多大なるご迷惑をお掛けしてしまい
大変申し訳ございません。
今回の判断は、コロナ禍での舞台制作をこれまで複数回行ってきた経験に基づいて判断をさせていただきました。
少しずつ、コロナウイルスがどういうものなのかという事が分かり
日々対策も進化している現状ではありますが、それでも今回の予測される状況に対しては、最悪な事態の確率の方が高いという判断の中で、お客様をはじめ、キャスト、スタッフの安心、安全を守るという点からの
ご判断である事のご理解をいただけますと幸いです。
勿論、今回の判断はあくまでも予測からのものになりますので
公演時期の2月中旬に、感染者数の方が落ち着いている可能性も考えられるかと思いますがその際は、
早期に落ち着いた事を喜び、さらに落ち着いている事を信じ、
4月での延期公演を楽しみにしていただけますと幸いです。

何卒ご理解と、誠に勝手ではありますがどうか変わらず引き続き今作品の応援をいただけますと幸いです。

最後までご確認いただきありがとうございました。
今後の対応のご案内まで今しばらくお待ちください。

SFIDA ENTERTAINMENT
sfida.2019.info@gmail.com
代表 小郷拓真

以上となります。

*********************************************

SFIDA ENTERTAINMENT プロデュース公演vol.9 舞台「死刑島」
原作・脚本: 剣名舞
脚色・演出: 小郷拓真

あらすじ
「死刑島」と呼ばれる無人島内の収容施設に集められた男女8人。薬の後遺症で記憶を失っている彼らは全員が死刑囚であることだけを告げられ、「ハングマン」を名乗る謎の男から死刑執行のルールが説明される。徐々に過去の記憶を取り戻し自分の犯した罪を思い出していくとともに死刑執行をしているリベンジャーの存在が浮上し疑心暗鬼になっていく・・・そして物語は誰も予測不可能な衝撃の結末を迎える。

舞台初演で評価を受け、
「まんが王国」にて漫画化が決定した
現在、連載中の人気コミック。
舞台から漫画へ、そして更に進化して
再び舞台へと返ってくる。

【公演スケジュール】
2022年2月15日(火)〜20日(日)

ダブルキャスト
(闇チーム/悪チーム)
2月
15日(火) 19:00[闇]
16日(水) 19:00[悪]
17日(木)14:00[悪] 19:00[闇]
18日(金)14:00[闇] 19:00[悪]
19日(土)14:00[悪] 19:00[闇]
20日(日) 12:00[闇] 16:00[悪]
全10ステージ ※受付開始、開場は開演の30分前

【出演者】
(闇、悪)
草野博紀

闇team
江守沙矢

佐咲日菜
柘植みさき
アイザワアイ
長瀬由依
佑亮
逢沢優斗

飯田菜々
伊藤暁人
七世真理子
吉田壮志

悪team
柳沢なな

妹尾寛華
吉田実紀
伊佐龍太
かのゆりえ
小崎隼大
波多野航

雛田唯以
成田圭吾
高見えりか
堀拓海

【チケット】全席指定
・前売券 プレミアムシート 7,000円(※事前振込のみ)
(最前列、出演者の非売品ソロチェキ付き)
・前売券 6,000円
・当日券 6,500円

【劇場】
劇場HOPE
〒164-0001東京都中野区中野3-22-8
JR中央・総武線/東京メトロ東西線 中野南口より徒歩5分。
※駐車設備はありません。車、バイクでのご来場はご遠慮ください。

【予約】
[江守沙矢扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/shikeijima?m=0taiibf

[堀拓海扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/shikeijima?m=0tajahc

【お問い合わせ】
‭ sfida.2019.info@gmail.com

【協力】
株式会社CINEMACT
株式会社PuR
株式会社TOPGEAR
株式会社NAVY
株式会社S.D.B.B.
株式会社y’sB
株式会社アール・クルー
エンターマックスプロモーション
一般社団法人 社会環境保安協会
NEXT GATE 株式会社
Super Man Company
グルースプロモーション合同会社
株式会社音ノ屋
舞台美術研究工房 六尺堂
零‘s Record
SE_TSU DESIGN

【スタッフ】
原作・脚本 : 剣名舞
脚色・演出:小郷拓真
音響:吾犀秋吉
楽曲制作 : 難波HDK
劇中歌 : 渡辺みやこ
照明:針谷あゆみ
舞台美術 : 澁澤萌
舞台監督:青木かづき
票券・当日運営 : 伊藤夕佳、今井結香
カメラマン : 中塚健仁
宣伝美術 : SE_TSU DESIGN
キャスティング : 平井みき
プロデューサー : 小郷拓真
企画・制作 : SFIDA ENTERTAINMENT