井上順

いのうえじゅん

井上 順
Inoue Jun

生年月日 1947年2月21日
血液型 AB型
出身地 東京都
サイズ HT170
1961年
グループ「野獣会」に加入(当時13歳)
「野獣会」とは、芸能・文化、詳しくはファッションデザイナー、ファッションディレクター、ジャーナリスト、映画・ドラマの演出家、役者、歌手、等々を目指す若者の集まり。
1963年
“田辺昭知とスパイダース”に参加(当時16歳)
ドラムス:田辺昭知/ピアノ・キーボード:大野克夫/ギター:井上尭之/ベース:加藤充/ギターボーカル:かまやつひろし/ボーカル:堺正章、井上順
1971年
ザ・スパイダース解散
解散まで、デビュー曲「ノー・ノー・ボーイ」を始め、「夕陽が泣いている」「いつまでも どこまでも」「風が泣いている」「なんとなく なんとなく」「バン・バン・バン」「あの時君は若かった」等、数多くのヒットソングを生み、TV歌番組、バラエティー、ドラマ、ラジオ、ライブステージ、そして映画と幅広く活動。
1971年
ソロ活動開始
ソロデビュー曲「昨日・今日・明日」を始め、「涙」「お世話になりました」等のヒット曲を生む。 ドラマでは、当時“お化け番組”と言われ今なおその記録が破られていない「ありがとう」を含む数多くの作品に出演。また、伝説の歌番組といわれる「夜のヒットスタジオ」の司会なども担当し、芝居・歌はもちろんオールラウンドプレイヤーとして、現在もドラマ・音楽・バラエティー・トーク番組等のテレビ番組に出演。その他ラジオ・映画・CM・舞台・ディナーショー・コンサートでも活躍中。

DATA

映画

2013年
「百年の時計」(監督:金子修介)
2012年
「シグナル〜月曜日のルカ〜」 (監督:谷口正晃)
2011年
「JAZZ爺MEN」 (脚本・監督:宮武由衣)
 
「ホームカミング」
2010年
「恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜」(脚本・監督:鴻上尚史)
 
「ちょんまげぷりん」 (脚本・監督:中村義洋)
2009年
「60歳のラブレター」 (監督:深川栄洋) 2009年5月16日公開
1997年
「ラヂオの時間」 (監督:三谷幸喜)
1990年
「流転の海」 (原作:宮本輝、監督:齋藤武市)
1989年
「善人の条件」 (監督:ジェームス三木)

TV

NHK
日曜特集「礼文島」
 
大河ドラマ「北条時宗」
 
連続ドラマ小説「ほんまもん」
 
月曜ドラマシリーズ「昨日の友は今日の敵?」
 
「笑う三人姉妹」
 
連続テレビ小説「ファイト」
 
BSプレミアム プレミアムドラマ「歩く、歩く、歩く」
NTV
森繁ドラマスペシャル「大逆転」
 
「ごくせん パート2」
 
「栞と紙魚子の怪奇事件簿」
TBS
「ありがとう」シリーズ
 
「HOTEL」
 
「渡る世間は鬼ばかり」
 
「それは、突然、嵐のように…」
 
愛の劇場「よい子の味方」
 
「GORO’S BARドラマスペシャル」
 
新春ヒューマンドラマ特別企画「筆談ホステス」〜母と娘、愛と感動の25年。届け!わたしの心〜
 
ドラマNEO 「イロドリヒムラ」
CX
時代劇スペシャル「一心太助」
 
世にも奇妙な物語「マジシャンのポケット」
 
「正義は勝つ」
 
「ルーキー!」
 
「アンフェア」
 
「アテンション・プリーズ」
TX
「D×TOWN」 第六弾 「痕跡や」
ANB
「愛しの刑事」
BS11
「本番前@控室」
 
 
 
他、多数出演

舞台

 
「デビュー50周年記念 加トちゃん一座旗揚げ公演」中日劇場
 1幕 唄う弥次喜多道中旅日記
 2幕 爆笑!! 音楽ライブ あなたに贈る笑&ショー
 
「イヴ・モンタン〜彼を憎んだ女と男〜」三越劇場
 
「おんなの家」新橋演舞場
 
「ウエディング・ママ」世田谷パブリックシアター他
 
「おんなの家」名鉄ホール
 
「1954のホテルライフ」THEATER1010
 
「奥様の冒険〜わたしバカよね〜」梅田コマ劇場
 
「Don’t trust over 30」青山劇場〜愛知厚生年金会館〜大阪厚生年金会館
 
「SHOCK is REAL SHOCK」帝国劇場
 
「ビギン・ザ・ビギン」帝国劇場
 
「夕やけ小やけでまだ日は暮れぬ」(演出:石井ふく子)芸術座

CM

 
LIXIL(リクシル)「暮らしを育てる。」シリーズ第2弾CM オリジナルソング「”リクシル”のうた」歌唱