STAGE

 

【舞台キャスティング情報】

友池プロデュース11月公演

「憂鬱なロケット」

 

【あらすじ】

高校時代に理系の天才と言われ個人でペットボトルを使って制作した小型ロ

ケットが表彰された過去を持つ哲哉は、今は平凡な工務店の営業マンになり、

その務めていた工務店も倒産してしまう。

しかし、

哲哉はまだ婚約者に無職になってしまった事を言えないでいた。

思い悩んだまま事務所の後片付けを任され作業をしている哲哉の元に高校時

代の同級生が現れる。

彼は哲哉が長年隠していた秘密を知っていた。

そして、哲哉にある提案をもちかける。

封印していた過去が、脚色された思い出の真実が浮かび上がり、彼らの止まっていた時計が動き始める。

彼らは人生を変えることが出来るのか?

そして過去と向き合う事が出来るのか?

ちょっぴりほろ苦い大人の青春ストーリー。

 

【企画概要】

演劇作品の脚本演出と出演、商業映画の脚本の発表を続けるチーム進火RON主催の友池が、コメディの枠にとらわれずに映像化に向けた作品を発表する演劇プロジェクト。

【日程】

11//21 (火)小屋入り

11//22 (水) ~26 (日) 祝日込み5日間9公演

【会場】

下北沢シアター711

【スタッフ】

脚本·演出/友池一彦(チーム進火RON)

舞台監督/岡田竜二

制作/株式会社シネマクト/シネマクトステージ

【稽古】

10月中旬顔合わせ予定

10月下旬から週3稽古、11 月本番2週前から週5稽古予定

 

【脚本·演出/友池彦·プロフィール】

松竹芸能で「友池さん」としてピン芸人·役者として活動しつつ、本名の友池一彦として演劇やドラマシナリオの脚本家、TV·ラジオの構成作家として活動中。

演劇ユニット·チーム進火RON主宰。

2017年から商業映画の脚本も手がける。

2014年 「レイの定食屋」で浅草喜劇台本優秀作品受賞。

脚本演出の舞台「けっ!セラセラセラ~知らなすぎた男~」が阿佐ヶ谷演劇奨励賞を受賞。

2015年 脚本·演出をした「伯父の魔法使い」「ヤバい!は気から」が下北沢·本多グループ主催の演劇賞の三冠に輝く。

8月に脚本提供した「あのコがエロいのはボクのせいだ!」でコリッチ月間満足度ランキングで劇団四季に次いで2位にランクインする。

2016年 9本の演劇作品を発表し、小劇場で完売公演を続ける。

2017年 映画『すんドめ! New』『すんドめ! New2』に脚本家として商業映画に進出。

2018年 脚本を担当した東映系全国公開映画「ちょっと待て!野球部」(須賀健太主演)が公開予定。

 

 

【オーディション概要】

·募集キャスト

男女メインキャスト含む1 0~15名(1 9歳~35歳)

·出演料

基本的にはチケットバックです。

(キャスト·配役によって相談)

·オーディション日程

次審査:書類選考(8 月15日までに通過者のみ連絡)

二次審査:8月末予定(書類選考通過者に連絡)

·書類締め切り:8月10日(消印有効)

送り先

mail : audition3@cinemact.co.jp

郵送:東京都港区赤坂6-13-6

         赤坂キャステール401 シネマクトステージ内

 

 

 

 

 

 

 

 

シネマクトステージ【舞台】

舞台「minako-太陽になった歌姫-」

2005年に急性骨髄性白血病で逝去した、歌手「本田美奈子」。壮絶に生きた彼女の軌跡が人々の生き方に問いかける。劇作家、野島周平の背景にある日常と、本田美奈子.の真実を重ね合わせ〈生きる意味×生きる力〉をテーマにした人間ドラマ。

2017年5月17日(水)~21日(日)全8回公演 ※詳細は後日発表いたします

舞台「minako-太陽になった歌姫-」オフィシャルサイトはコチラ